1. ホーム>>
  2. PGMグループニュース

PGMグループの最新ニュース

PGMグループのゴルフ場最新ニュースをお届けいたしました。
特選物件 至急お売りします。
特選物件 お譲りください。
ゴルフ会員権時価評価を無料で発行します。
PGMグループ 最新ゴルフ場ニュースを掲載いたしました。
2018/03/23
【その他】 PGMグループ
2018年度預託金充当制度及び減額プラン取り扱いについて
申請書類の受付が2018年3月31日まで、
2018年4月1日以降で適用される「預託金充当制度及び減額プラン」の内容が改訂される場合があります。
@ 2018年3月31日までに入会書類の受付をした場合は、2017年度預託金充当制度及び減額プラン
が適用されます。
A 2018年4月1日以降に入会書類の受付をした場合は、2018年度預託金充当制度及び減額プランが適用されます。
2018年度の預託金充当制度は消費税込書換料に預託金の全部もしくは一部を充当することができます。
尚、2018年度の預託金充当制度も2017年度から引き続き、購入された会員権の預託金の全部もしく
は一部を名義書換料に充当することが可能です。
※証書に記載されている預託金を超える金額を充当することはできません。
※充当金額はお客様自身で決めることができます。
※消費税相当分も預託金の充当が可能です。
※消費税込書換料から預託金充当額を差引いた残余の名義書換料はお振込み頂きます。
※消費税込書換料の全額を預託金充当される場合は、手続きの承認日(承認書の発行日)をもって会員資格の取得日とします。
2018/03/04
【その他】 PGMグループ
GRAND PGMに3コース追加
PGMホールディングス(株)の子会社、パシフィックゴルフマネージメント(株)は、ハイグレードゴルフ場ブランドとして位置付けているコースに、新たに「茨木国際ゴルフ倶楽部」(大阪府)、「桂ゴルフ倶楽部」(北海道)、 「利府ゴルフ倶楽部」(宮城県)の追加を発表しました。
上記コースを加え11コースとなります。
2016/07/04
【その他】 PGMグループ
PGM本社移転のお知らせ。
【新住所】
〒110−0015 東京都台東区東上野1−14−7 アイエムタワー
電話番号 : 03-4413-8800(代表)
FAX番号 : 03-3837-2610(代表)
【業務開始日】
平成28年7月25日(月)
2015/05/15
【その他】 PGMグループ
兜ス和が連結子会社のPGMHを完全子会社化
兜ス和(嶺井勝也社長、東京都台東区)とPGMホールディングス(PGMH、田中耕太郎社長、東京都港区)は5月13日、株式交換により平和を完全親会社とし、PGMHを完全子会社化すると発表した。
6月23日開催のPGMHの定時株主総会の承認を得た上で、今年8月1日を効力発行日とする予定。
これに伴いPGMHは7月29日付で上場廃止となる。
発表によるとパチンコ・パチスロ機メーカーの平和は、平成23年12月にPGMHの株式を公開買付により取得して連結子会社化(現在は80・37%の株式保有)し、遊技機専業メーカーから総合レジャー企業を目指している。
その後、3年間それぞれ堅調に事業が推移してきたが厳しい経営環境下でゴルフ場事業を継続的に成長させるには、グループ内の柔軟な資金調達を活用した機動的なゴルフ場の規模拡大等が最重要との認識となり、今回の合意に至ったという。
今後はゴルフ場の新規取得の他、不採算アセットの売却、親子上場による利益相反の排除やコストの削減などで、業務の効率化を目指すという。
株式交換における割当比率は平和が「1」に対してPGMHは「0・54」となっている。
同株式交換伴い単元未満株式(100株未満)には買取制度や100株への買増し制度を設けるとしている。
2014/12/13
【その他】 PGMグループ
2014年預託金充当制度及び減額プラン期間延長
【延長期間】
平成27年3月末まで
【詳 細】
1.延長した「2014年度預託金充当上限金額及び減額プラン変更料」の取り扱いは2015年3月31日までに、入会申込受付が完了しているものが適用となる。
2.2015年4月1日以降については、預託金充当は2012年より制度化しており 継続となりますが、充当上限金額は見直し。
減額プランも合わせて2015年3月に改めて案内されます。
2014/02/15
【その他】 PGMグループ
年会費に対する諸費税率の取り扱い
【2014年度年会費の計算方法】
年会費+年会費に対して5%の諸費税額
※すでに2014年4月から12月の9ヶ月に対して8%の諸費税額を入金済の会員には消費税差額を次年度(2015年度)年会費の一部に充当させていただきます。
手続の必要はありません。
2013/12/21
【その他】 PGMグループ
2013年預託金充当制度及び減額プラン期間延長
【延長期間】
2014年(平成26年)3月31日まで
【詳細】
@2014年3月31日までに入会審査及び変更料の入金が完了しているものが適用となる。
A2014年3月31日までに名義変更申込をされた場合でも、入会審査或いは変更料入金のいずれかが2014年4月1日以降になった場合は、2013年充当上限金額取扱となるが変更料に対する消費税が8%となるため消費税増額分追加となる。
B2014年4月1日以降、預託金充当は2012年より制度化により継続となるが、充当上限額は見直しした上、減額プランも合わせ2014年3月に改めて案内する。
2013/01/22
【その他】 PGMグループ
PGMによるアコーディア株のTOBは不成立
PGMホールディングス梶i神田有宏社長)は、昨年11月16日から今年1月17日までの期間で行っていた潟Aコーディア・ゴルフ株券に対する公開買付け(TOB)の結果を1月18日午前9時に発表し、応募株券等の総数は17万4580株(16・69%)で株式数の買付予定数の下限(20%の20万9224株)に満たず、TOBが不成立となったことを明らかにした。
これにより、PGM側は応募株券全部のの買付けを行わず、応募株券は返還する。PGMの特別関係者の所有株券はTOB前が5万2443個(5・11%)で、買い付け期間中に1株(神田社長から)を取得したが、TOB不成立で所有株数は変わらず。今後の方針等については未定としている。
アコーディア株については、TOB期間中に旧・村上ファンド系の投資会社・潟激mが大量(1月11日迄に3社計で18・12%)に買い付け、1月13日付けでアコーディアに対し、@PGMとの経営統合交渉APBR1倍までの徹底的な自己株式取得等を要求。アコーディアは16日に、要求のあった2点とも有力な選択肢として前向きに取り組む姿勢を示していた。
また、Aの自己株式取得の資金についても、アセットライト手法として保有するゴルフ場資産を切り離す方法で資金を充当する可能性があることを表明していた。
今回のTOB不成立の発表を受けた後の18日のアコーディアの株価は一時8万4000円を付けるなど、TOB価格の8万1000円を上回り、PBR1倍に相当する8万8000円(自己株式数を除く1株当たり株主資本)を一時意識した展開となった(18日終値は8万2800円)。
なお、PGMは18日午後、TOB不成立の結果には最終日の17日正午過ぎに、一部報道機関が流した「アコゴルフ、10ゴルフ場売却検討、150億円規模、自社株買いで」と題する記事がアコーディアの株価を大きく押し上げ、本公開買付けの成否に大きな影響を与えたとして証券取引等監視委員会に記事が流された過程において金融商品取引法違反に該当する事実がないかどうか直ちに調査するよう求める書面を提出したと発表した。
2011/12/22
【その他】 PGMグループ
名変料の預託金充当プランを制度化
平成23年2月1日から12月31日[書類受付分]までの間、創業10周年を記念し、『2011年名義変更入会プラン』を実施していましたが、平成23年2月1日より「名義変更入会プラン」を制度化すると発表した。
同プランは、会員権購入時に預託金の全額ないし一部を名義変更料に充当できる、というもので、会員権購入者の経費負担が軽減されることから期間中は名義変更希望者数が増加し、来年から制度化することとなったという。
この制度化に伴い、対象ゴルフ場は11箇所増の76箇所、内44箇所のゴルフ場では預託金充当上限額を引き上げる。
一部のゴルフ場では名変料減額プランの実施計画をしている。
2011/12/15
【その他】 PGMグループ
次期社長にライバル企業の元取締役が就任
PGMホールディングスは14日、来年1月下旬に就任する次期社長にライバル企業であるアコーディア・ゴルフの元取締役・神田有宏氏を招聘する人事を発表した。
現職の氏家顕太郎社長は退任する。
2011/01/20
【その他】 PGMグループ
2011年名義変更入会プラン実施
平成23年2月1日より12月31日[書類受付分]までの間、
創業10周年を記念し、『2011年名義変更入会プラン』を実施。
ご注意)
ゴルフ場によって、名義書換料の「減額プラン」と「預託金充当プラン」が設定されています。
※両プランの併用可能なゴルフ場もあります。
2011/01/16
【その他】 PGMグループ
経営会社の変更案内
PGMグループは平成23年1月1日付で、グループゴルフ場の施設保有(経営)会社を合併しました。。
【存続会社】PGMプロパティーズ株式会社
【消滅会社】プレミアゴルフ株式会社
※消滅会社の権利義務をPGMプロパティーズ(株)が承継
代表者の変更はありません。
2011/01/07
【その他】 PGMグループ
名義変更入会キャンペーンを終了
名義書換料の値下げとする名義変更入会キャンペーンが、予定通り平成22年12月31日書類受付分を以って終了となりました。